交通事故治療|むち打ちについて1|西荻窪駅あおば整骨院

むち打ちについて1|低速衝突ほどよく起こる!?

むちうち症状で悩まれる方は、後方からの追突、いわゆるオカマを掘られたという状況に遭われた方が多くいらっしゃいます。
西荻窪駅のあおば整骨院には、不本意にも交通事故をもらってしまい、そのような状況の多くの方がご相談も含め、治療にお越しになりました。
中には西荻窪から引っ越してしまい、遠方から「かかりつけ」という事でお越しになる方もいらっしゃいます。
やはり、身体のことを解っている杉並区あおば整骨院の担当施術者に任せるのが一番安心できるというのも大きなポイントかもしれません。

中には、そんなに強い衝撃ではないのに、症状が長引いているという方も少なくありません。
むちうち症状というのは、後方からの衝撃により7つの頸椎が鞭のようにしなり、狭まって挟み込まれた、もしくは広がって引き伸ばされた靭帯・筋膜をはじめとした軟部組織が損傷することにより生じます。
(図)
むち打ち頚椎の図

当然、強い衝撃のときにも損傷は起きますが、低速で衝突し、一見ケガを起こさないような事故でも、頭の重さで大きくしなった首は損傷することがとても多いです。

この事を理解していないと、患者様ご自身が損傷自体を軽視し治療が遅れたり、保険会社の担当者さんから理解を得られず、痛みがあるのに治療を打ち切られてしまったりします。
保険会社との交渉や、保険会社の事故担当者から言われることに慣れている方はあまりいらっしゃいませんので、ほとんどの方は初めての出来事で、言われるがままという方も少なくありません。
実際に症状があるのにもかかわらず、理不尽に打ち切られてしまう場合には、やはり弁護士などの専門家にしっかりと相談し、事故後にしっかりと症状を改善する事が、後に後遺症などを最小限に抑える事に繋がります。

当院では、受傷の原因をしっかりと把握し、客観的な評価により、最も良い形で治療を終えられるよう最善の努力を行っています。

もちろん弁護士などの士業サポートなどの体制も万全ですので、交通事故治療もご相談もお気軽にあおば整骨院までご相談ください。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017 杉並区西荻窪駅 あおば整骨院

あおば整骨院公式Facebook

ページ上部へ戻る